新生児の縦抱きはいかがなものか

新生児の縦抱きはいかがなものか

生まれたばかりの赤ちゃんは首がすわっていないので縦に抱っこするとグラグラします。
頭の急激な揺れは脳にダメージを与えるので、縦抱きをするときは充分な注意が必要です。
しかし、横抱きがあまり好きではない赤ちゃんもいます。
授乳したあとに縦抱きにしてゲップを出したあと、肩にもたれかかってそのまま寝てします赤ちゃんも多いです。
そんな場合はしばらく縦抱きでも問題はありません。急に首が後ろにいかないように支えてあげていれば縦抱きでも問題ないのです。
抱っこひもなどを使わずに縦抱きをする場合は、一方の手で頭と首を支え、もう一方の腕にお尻が乗って安定するように腕全体でしっかり支えましょう。
長時間の抱っこになる場合は、何も使わないで縦抱きするよりは落下の危険性もなくなるので抱っこひもを使用したほうがいいです。
最近の抱っこひもには新生児のうちから縦抱きで抱っこできる製品が多く存在します。
新生児のうちから長く使えるためとても人気のようです。頭がグラグラせず腰もしっかりホールドしてくれるものを選ぶと良いでしょう。
いずれにせよ新生児のうちはとても小さく弱々しいので扱いに慎重になりすぎて精神的に疲れてしまうママが多いようです。あまり気にしすぎない程度にやさしくお世話をしてあげてください。
新生児 抱っこひも

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。